目尻切開のリスクを知っておこう

 目尻切開とは、目尻の部分を切開して広げ、糸で固定する施術を指しています。私たちの眼尻を指などで横に広げると、白目の部分が隠れているのが見えるでしょう。ここを、赤い結膜の見える手前まで切開して白目を出すことにより、目を横に大きく見せるものです。この施術を受けることで、目が大きく見えるようになるだけではなく、切れ長の女性らしい表情になることができます。また、やや垂れ目ぎみの優しい目元を演出することも可能です。目頭切開に並んで人気の高い施術と言えるでしょう。 目尻を切開すると同時に二重を形成する施術を受けたり、目頭も一緒に切開したりすることで、華やかでクッキリとした顔立ちを実現することができるのです。それだけに受ける時には失敗のないよう、慎重に受けたい施術の一つであると言えるでしょう。

目尻切開に向いているかどうか自分の顔をチェックしよう

 目尻切開を受けたいと思ったら、まずはこの施術に向いている顔立ちかどうか、自分でチェックしてみましょう。術後に聞かれる不満の一つに、「せっかく施術を受けたのに、あまり変わらなかった」という声があります。この施術は、あくまで目尻の白目の部分を切開によって露出することで、目を大きく切れ長に見せるというものです。元々この白目の部分が少ない方は、ほとんど切開することができないので、施術を受けてもあまり変化は感じられないということになってしまうのです。  また、それを無視して大きく切開すると、赤い結膜の部分が見えてしまい、不自然な目尻になってしまいます。この施術の失敗の多くは、この切り過ぎによる結膜の露出があります。 切れ長のすっきりとした目元はチャーミングですが、一歩間違えると不自然な目尻になってしまう危険性も認識しておきましょう。

健康面でのリスクを確認しておこう

 二重形成などと合わせて受けることで、より効果が期待できる目尻切開ですが、健康面での注意点を忘れないようにしましょう。 私たちの眼は目頭や目尻に皮膚が被さることで、外からの刺激から守られてもいます。その部分を切開して露出することで、どうしても刺激に弱くなってしまうという側面があるのです。例えば、露出部分が増えることで起こりやすいのが、ドライアイです。空気にさらされる部分が増えるため、それだけ乾燥しやすくなります。 また、術後に結膜浮腫と呼ばれる腫れが生じる場合もあります。これは、傷口を固定する糸による刺激で起こるものですが、人によっては長引く場合もあるので、注意が必要です。 どんなに安全な施術と言っても、メスを使用する以上、リスクはつきものです。納得のいく施術を受けるため、信頼できるクリニックを選びましょう。